メンバーズカードの期限を管理する方法

色々なお店でメンバーズカードを発行してもらっている方は沢山いらっしゃると思います。しかし久しぶりに行くお店の場合、カードの期限が切れていたなどの事態になった方も多いと思います。期限が切れてしまう前にしっかりと管理しておきましょう。財布に入っているメンバーズカードを一度全部出し、今使っているスマホやタブレットなどを使い、カレンダー機能に記入しておきましょう。何月の何日に切れる、と記載しておけばわざわざ財布から出す手間も省けます。もっと管理をしっかりしておきたい方はそのカードを使った日に、どれだけポイントが溜まったかなども記入しておくと、あとどれくらいでお得になるのか、などが把握ができます。最初の内はめんどくさいと思ってしまいますが、癖のようにしておけば自然と慣れてきます。このような管理癖は他の事にも流用ができるのでお勧めです。

店とお客様をつなぐメンバーズカード

現在身の回りにメンバーズカードは溢れていますね。何をするにもカードはお持ちですか?は決まり文句です。消費者にとっての利点は、ポイントが貯まればサービスが受けられること。お金同様のメリットは使わないと損ですね。カードをもつことのデメリットは、かさばる、ことでしょうか。どんなお店でもカードを発行してくれるので、財布はふくれますね。カードケースを別にされている方も増えています。では、店側でサービスをするメリットは?というと、お客様にまた来ていただく、つまりリピートしていただくことです。数あるお店中から再来されることは、初来店されるよりも難しく、満足感が得られなければなりません。だからこそサービスを提供し、カードをお客様の身近なお財布にいれていただくことで、見て、思い出していただくのです。メンバーズカードは相互関係におけるメリットを持ったものであり、現代社会でなくてはならない店とお客をつなぐもの、です。

無料ならばメンバーズカードを積極利用しよう

メンバーズカードはお店やサービスを非会員であるよりもある意味お得に利用できるカードの1つで、それらの種類はクレジットカードやプリペイドカードだったり、単なる会員であることを証明するためのカードだったりなど非常に多種多様であるわけですが、入会するならばまずはリスクのないカードから選ぶようにしなければなりません。そのリスクのないカードというのは入会費や年会費が無料であるカードのことです。しかし入会費や年会費が無料といえどもクレジットカードは最初の段階では極力避けるようにしなければなりません。それはクレジットカードは後払いであることと安易に借金をできてしまう可能性があること、カード自体の入会に金融機関からの厳しい審査を受けなければならず審査に不合格したら個人情報は探られるわ精神的にもダメージを受けるわの可能性があるからです。そのため最初は割引価格で買えるために単なる会員であることを証明するための年会費入会費無料のポイントカードからはじめ、その次はそのお店を何度も利用するならば年会費入会費無料のプリペイドカードを利用するようにするのです。

公共施設やお店等の館銘板や金属看板等を作成しており原稿作成やデザインはお客様の立場に立って環境等に合わせピッタリの看板をご提案いたします。信頼にお答えする東京銘板。 ターゲット層は館銘板の設置をお考えの方で、使用目的や環境に合わせて、ピッタリの銘板を提供しています。 UVプリント銘板ならシルクスクリーン印刷では表現出来なかったデザインをフルカラーでプリントできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*